BLOG

PJ(パシフィックジャパン)
ネパール×日本 挑戦ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 教育・指導
  4. 月1度の定期面接で会話力をチェック

月1度の定期面接で会話力をチェック

毎月、中旬をめどにオンライン(日本人による3次面接)でネパールの学生の会話力をチェック

日々、朝から日本語学校で勉強している学生は、日本語検定5級取得後(同等レベル)になると、日本語学校の先生を前にして、会話力チェックを受ける。

合格した学生は・・・次に日本の常識のクラスを教える先生による会話力チェックを受ける。 ※ この時点で7割が不合格となる。

合格した学生は・・・私が行う3次面接を受けて語学力をチェックされる。 今回は現在、実習生として来日した学生にも参加してもらい、先輩実習生が質問者となってネパールで勉強している学生に尋ねた。

N4級を来日前に取得し、普通に話ができる学生が面接官。 どのような質問をするのか? 私の指示をすべて日本語で伝え、それに合わせて一人ずつ確認を行う。  27名が3次面接に挑み合格率は30%だった。

❖ 高い日本語力が求められる中。彼らの答えを以下の点でチェック

  • 自身で考えたオリジナルな返答か?
  • 理由も付け加えられた長い返答になっているか?
  • 勉強したレベルで使われている言葉で返答できるか?
  • 質問が分からない時の対応はどうか?

何故この視点でチェックするのか・・・

面接に合格することだけを目的とする学生は、先生や友達から返答例を教えてもらってコピーをして面接に挑む。 自分の考えを自分の声で話せない学生は、入国後、何も理解できず大変になるからである。 返答例の中でN5級レベルでは使わない難しい言葉を使う学生も安易な考えで、面接を受ける学生で、このような学生は、面接合格した後、まったく勉強しないのがネパールの常識である。(経験則)

相手と会話をした際、【分かったつもり】で返答するようないい加減な学生もネパールでは多いため、必ずトラブルに繋がる。 相手に自分の意思を絶対に伝えようと努力する学生を探すため。 

 

学校によって、私が行う面接(3次面接)の合格者数のばらつきが出た。 日本語を教える意味、教育指導の質、方法に問題があると推測する。 今回の結果をもとに、改善を行いベトナムの日本語のように計画的に日本語力がしっかりと身についた学生を育成することに繋げたい。

なお、入校したも日本語力がなかなか身につかない学生に対して、私たちも最大限のサポートをするが、学生自身が【なまけ】【不真面目】なものに対して、勉強途中でも辞めてもらっている。

私たちは日本語力を先ず高めた学生を育成し、日本の常識が分かる学生を育成する2つの目的で指導をしている。 企業面接の時点でも日本語でしっかりと面接ができる学生を準備することに心がけている。

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事