BLOG

PJ(パシフィックジャパン)
ネパール×日本 挑戦ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 失敗しない実習生の見極め方!
  4. 避けては通れない、今でも強く残る身分差別(カースト制度)

避けては通れない、今でも強く残る身分差別(カースト制度)

ネパールはインド同様に身分差別が未だに強く残っている!

ネパールの法律上、身分差別は禁止されている。 しかし彼らの日常生活の中では身分差別がいろいろな場所で見られるのは事実。 彼らのヒンズー教の文化であるカースト制度の考えが未だに色濃く残っているからだ。 ネパールには公称で36民族(インド系~チベット系)、約3000万人が北海道2つ分の大きさの中で、カースト制度の支配の中で互いの生活が営まれている。

実習生を選ぶ上でも、またネパールの送り出し機関を選ぶ上でも、彼らの民族を気にして選ぶことはとても重要である。 なぜならば私たちの価値観と判断基準が時として、カースト制度の基準に従って行われてしまうからである。  可能な限り差別が無い世界になることが望ましいが、彼らには彼らの文化があるので、否定はできない。 それを私たちは理解して接しなければならないと思う。

こうした理由により、異なる民族が居ることで、差別が起きてしまうのは必然である。 そのため、そうならないよう、可能な限り配慮が必要になる。 彼らの文化を理解し、実習生を受け入れていただきたいと願うばかりである。

ネパールと関わり30年の経験から日本人が気づきにくいポイントを記載中。 ネパール人と上手に付き合っていく上で必要不可欠な情報発信中! 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事