BLOG

PJ(パシフィックジャパン)
ネパール×日本 挑戦ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 失敗しない実習生の見極め方!
  4. 仕事ができる送り出し機関の見つけ方

仕事ができる送り出し機関の見つけ方

2年以上にわたりコロナの影響を受け、実習生の入国ができなかったが、やっと外国人の入国が始まった。 政府の入国緩和の情報が流れるようになってから、ネパールの送り出し機関について問い合わせも増えてきた。 新たな実習生を探す上で、ネパールが候補になっているらしい。

相談の内容は【どこの送り出し機関がお勧め?】 という問い合わせが圧倒的に多いので、ネパールの送り出し機関を選ぶお勧めな方法があるので紹介したい。

その方法は・・・ビジネスプランを作成してもらうこと

日本の企業の依頼に合わせてネパールとビジネスをしていく協同組合の方々。 ネパールの送り出し機関は日本からの依頼に合わせて、計画通りに実習生を教育し、書類の作成や出国の手続きまで、確実にできることが要求される。 そのため、しっかりと組合からの要望に応え、仕事を責任もってやり遂げる力が必要である。 300を超える送り出し機関が乱立するネパールだからこそ、仕事のできる送り出し機関をしっかりと見つけることは、最重要項目である。

ネパールの送り出し機関に対してすくなくても、1か月後、3か月後、6か月後、1年後等のビジネスプランの作成期限を設けて依頼。 彼らが作成したビジネスプランの内容を確認することで、送り出し機関の仕事能力がある程度分かる。 ※現地に強い人脈がある、日本語を話せるネパール人がサポートするから・・・ というポイントだけでなく、学生の確保を確実に、期限までに集める方法や教育施設など、多岐にわたる送り出し機関の仕事に対して、詳細なことまで確認することが重要である。

他国(ベトナム・中国、インドネシア等)の送り出し機関と同等の仕事能力を備えているネパールの送り出し機関は必ずあるので、ぜひこの方法を使って、御社にとって良いビジネスパートナーを見つけ出してほしい。

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事

カレンダー

2022年5月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031